「な、何ですか!?これは……これを、食べるのですか?」
「そうよ……何? あんたひょっとしてラーメン食べた事ないの?」
「し、失礼な! ありますとも、以前に、瑞穂さんに誘って頂いた事がありましてよ」
「何ですって! そんな話聞いてないわよ」
「あら、どうしてあなたに言う必要があるのかしら……ふふっ」
「ちっ、後で瑞穂ちゃんとっちめてやるんだから……ずるずる……
 ん〜、この味よね。来る度に味にバラつきがあるのが難点とは言え、やっぱりおいしいわ〜」
「はふはふ……んっ、咀嚼しながらお話になるのはお行儀が悪いのではありませんか? まりやさん」
「な〜に、言ってんの、ラーメン食べながらそんな固い事言っちゃ駄目だって」
「ラーメンは関係ないですわ。ちゅるちゅる……ん、おいし」
「でしょお、ここ私の一番のお気に入りなんだ。味もいいけど、この雰囲気がまたたまらないのよね〜、
 おいちゃ〜ん! 替え玉〜〜〜!」
「……替え玉、とは何の事ですか?」
「ん〜、そうね、平たく言えば麺のおかわりの事よ」
「これだけの量を前にして、そんなものを……と言うか、もう食べ終わったのですか!?」
「はいよ、お嬢ちゃん、替え玉一丁」
「はーい、んっふっふ」
「……何だか私、見ているだけでお腹いっぱいですわ」
「何、あんたいらないの? じゃあ、私が貰ってあげる」
「誰もそんな事いってないでしょうが、あぁ、駄目! 私のラーメンがぁ、酷いっ酷いですわ!
 このっ、このっ、離しなさい!」
「んふふ〜、ご馳走様〜」
「まったく、人の箸に齧り付くなんて信じられません。私のラーメン……ぶつぶつ……あ……」
「どしたの? 顔真っ赤にして」


「いえ、……その……何でもないですから、気にならさずに……」
「はっは〜〜ん、間接キスかぁ。何あんた、女のあたしと間接キス気にして真っ赤になるんだ。可愛い〜」
「ちちちちち、違いますっ!」
「でも、よかったわね〜、これで、瑞穂ちゃんと間接間接キスよ。ちょ〜っと遠いけど」
「何ですって……」
「およ、真っ赤……なのはいいけど、怖い顔」
「どうしてっ、あなたがっ、瑞穂さんとキスしているのですかっ!?
 私が、初めてって言って下さったのに!!」
「……こら、貴子……今のは聞き捨てならないなぁ、あんた瑞穂ちゃんとキスした事あるの?」
「当然ですわ。私と瑞穂さんは……あのぬいぐるみさんの見下ろすベッドで……その……あぅ」
「何ですって〜〜〜! よりにもよってあたしと貴子を二股にかけるたぁ……いい度胸じゃない」
「ずるずるずる……んぐ。二股って……まさかまりやさん」
「う、うん……私なんて、後ろまであげちゃった……たはは……ちゅるちゅる」
「………」
「………」
「おやじ〜、なんか冷房弱くないかい?熱っつくてしょうがねぇよ」


「――くちゅん」
「はやや〜、お姉さま風邪を引いたですか?」
「ん〜、そうかも知れない。なんか凄く寒気がするんだ。 服、そろそろ来た方がいいかなぁ」
「それなら、奏が暖めてあげるのですよ〜」
「うん……奏ちゃんの肌……暖かい……あん♪
 (……おかしいな……手まで震えてる……)」




戻る