「おとボクまとめサイト」 >> 「おとボク」SS名作選 >> 『XYZ!新たなる警備員』

『XYZ!新たなる警備員』 by 「9-28」氏

その1〜その6
番外
女装の麗人VSもっこり魔人
最終話

 


   その1〜その6



奏ルート、もしくは貴子ルート後、瑞穂達の卒業式後
奏視点


−寮から瑞穂お姉さまとまりやお姉さまがいなくなってずいぶん寂しくなりました
−そんな時、由佳里ちゃんからまた寂しくなる話を聞かされました

「あのね、奏ちゃん、警備員のおじさん3月でやめちゃうんですって」

−貴子お姉さまを誘拐しようとした黒服の男たちを止められなかったことをとても悔やんでいました
−でも、由佳里ちゃんはちょっとうれしそうです

「でね、新しく来る人なんだけど、学園長先生から名前だけ聞いたのよ 伊集院隼人っていうんだって、かっこいい人だよきっと」

−由佳里ちゃんは名前だけで人の外見を判断してしまいました
−おじさんがいなくなるのは寂しいけど、新しく来る人が瑞穂お姉さまみたいに綺麗でやさしい人だといいのです

3月31日、今まで奏たちを見守っていた警備員のおじさんが学園を去っていきました、奏と由佳里ちゃんは学園長先生と一緒にお見送りをします
奏は本当に寂しくなって泣きそうになってしまいました

===== * ===== * ===== * ===== * ===== * ===== * =====


4月1日、新しい警備員の方が寮に挨拶にやってきました
名前だけで格好いい人と判断していた由佳里ちゃんの期待は打ち砕かれました
由佳里ちゃんはガタガタふるえています、奏も怖くて泣きそうです

挨拶に来た警備員さんの身長は2メートルを軽く超えていました
この人に比べたら奏なんて小人です、ホビットさんです
全身に筋肉の鎧を纏い、スキンヘッドにサングラスをかけ口ひげを生やしています
その方は
「今年から俺がこの学園の警備担当になった、よろしく頼む 俺のことはファルコンと呼んでくれ」
とだけいうと回れ右をして出て行ってしまいました
そのとたんに緊張の糸が切れた由佳里ちゃんが失神してしまいました

===== * ===== * ===== * ===== * ===== * ===== * =====


次の日からファルコンさんは大工道具を持って学園の周りで作業を始めました
大きな体を丸めて作業している姿はちょっとかわいらしいと思います
何をしているのでしょうか?でも怖くて聞けません

入学式が始まり…この時ファルコンさんは校門脇にある受付室にいたのですが、泣きそうになってる新入生の方が何人かいました
新しい寮生も入りましたが、やっぱりファルコンさんを怖がっています
奏はファルコンさんはそんなに怖い人じゃないような気がしてきました

入学式後、この寮生を連れて由佳里ちゃんと一緒に買い物に出かけました
買い物から帰ってくると校門でファルコンさんが何か作業していました
由佳里ちゃんはまだファルコンさんを怖がっています
新入生の方は…まあしかたありません
奏はだいぶ慣れてきたので声をかけてみます「ご苦労様です」と
とたんにファルコンさんに信じられない変化が現れました
顔が…耳まで真っ赤になってしまったのです

「し・仕事だからな…」
と言ってますが、やっぱり真っ赤です
こんなファルコンさんをみて由佳里ちゃんと新入生も「ご苦労様です」と声をかけます
ファルコンさんは顔を伏せて作業に戻ってしまいました
奏たちはくすくす笑いながら寮に戻っていきました
茹蛸みたいに真っ赤になったファルコンさんのことが学園中に広まってしまい
生徒たちの大半がファルコンさんを海坊主さんと呼ぶようになってしまいました

===== * ===== * ===== * ===== * ===== * ===== * =====


4月15日、春休みの間ファルコンさんがしていた作業の謎が解けました
お昼休みのことです、奏は紅茶ソーダを買いに行こうと学外にでました
由佳里ちゃんと新しい寮生もついてきました
そして…校門の所でばったりと出くわしてしまったのです…
男の人を担いだファルコンさんと…

ファルコンさんだけならそこにいるのは理解できます、警備員ですから
でも、なぜ、男の人を担いでいるのですか?
よく見ると後ろ手に拘束具をつけられています、足も縛られています
恐る恐る尋ねてみます
−あの…その方は一体…
ファルコンさんの答えは簡単でした
「学園に侵入したところを捕らえた」
その方はこれからどうなってしまうのでしょうか…
由佳里ちゃんも同じ事を考えているようです、ガタガタふるえています
寮生はなんだかあっけにとられているようです
私たちの心配を察知したのでしょうか、ファルコンさんが続けて話します
「ま、本来なら再起不能にしてやるとこだが、この学園の慈悲と寛容の精神に免じて警察に突き出すだけで勘弁してやる」
ファルコンさんは言いながら警察に連絡をとっています


「コーヒーでも飲んでいくか?」
普段無口なファルコンさんがそんなことを言ってくれました
もう、ファルコンさんを怖がらなくなった由佳里ちゃんが応じます
ファルコンさんは受付室に入ってコーヒーを入れ始めます
なんだか本格的です、お料理にうるさい由佳里ちゃんはそれを見て目を輝かせています
一緒に来た寮生も楽しそうです
ファルコンさんがコーヒーを入れている間、私たちは外で待っています
ファルコンさんの体が大きすぎて私たちが中に入れないから…
カップに私たち3人のコーヒーと自分の分を注ぎ、
ファルコンさんは受付室からでて入れ替わりに私たちを中に入れます、
「体が大きいと苦労も多い」などと言っています、奏にとっては羨ましいのですが
奏は普段コーヒーは飲まないのですが、それはそれは美味しいものでした
由佳里ちゃんなんかベタ褒めしてます、案の定ファルコンさんは真っ赤になってしまいましたが
コーヒーを飲んでる間ファルコンさんは教えてくれました
春休みの間、学園の周囲に侵入者用のトラップをはっていたと
−そんな恐ろしい物を学園に作らないで下さい、
と奏がふるえながら抗議すると
学園の敷地ギリギリの所、生徒は100%行かないような所にあること教えてくれました
教えてもらった場所は確かに生徒は行きません


話し込んでいるうちにパトカーがきました
そういえば男の人はどうしていたのだろうと、見ると、気絶しています…そういえば全然騒ぎませんでしたものね…
気がつけばお昼休みももう終わりそうです
私たちはファルコンさんに「ごちそうさま」を言って学園に戻りました
由佳里ちゃんは「またコーヒー飲みに来てもいいですか?」と言ってます
すっかり打ち解けたようです
ファルコンさんも「気が向いたらいつでも来るといい」と答えてくれました
ファルコンさんに向かって手を振って、ちょっと駆け足で学園に戻りました
戻りがけ、私たちに手を振るファルコンさんが見えました

===== * ===== * ===== * ===== * ===== * ===== * =====


#シティーハンター読んでて、こいつが警備員だったら最強だろうなと思った
#ごめん、反省している

===== * ===== * ===== * ===== * ===== * ===== * =====


   番外



ファルコンさんは夜でもサングラスをかけています
夜にサングラスをかけていたら周りなんて見えないと思うのですが…
なぜだか聞いてみました
「俺は目が見えないからな」
という答えが返ってきました、悪いことを聞いてしまいました
「気にするな、オーラ…というか気配で周りの状況がわかるんだ」

===== * ===== * ===== * ===== * ===== * ===== * =====

ファルコンさんが失明していることを知ってからしばらくしたある日
瑞穂お姉さまが学園に遊びに来ました

ファルコンさんはなんだか戸惑っています
「奏、教えてくれ、俺の目の前にいるのは男か?女か?」
気配で相手の体格までわかるファルコンさんが…
でも、奏も言われるまで瑞穂お姉さまが男であることを忘れていました

===== * ===== * ===== * ===== * ===== * ===== * =====

#ファルコンの「友人」に「もっこり魔人」がいるから、かえって学園が危険になると思われw
#……というチャチャがはいって……


#登場させてみよう

===== * ===== * ===== * ===== * ===== * ===== * =====


   女装の麗人VSもっこり魔人



「もっこぉりちゅゎん!」
いきなり瑞穂おねえ…瑞穂さんが後ろから抱きすくめられてしまいました
警備員であるファルコンさんはそれを見逃すはずもなく、瑞穂さんを抱きすくめる男に近づき…殴り飛ばしました!
盛大に吹っ飛んでいます、まるで人身事故です、生きているのでしょうか?
あ、よろよろと起き上がりました、大丈夫なようです

起き上がってきた方は、赤いシャツの上に水色のジャケットを着ています
「何しにきやがった!」
ファルコンさんが怒鳴りつけます、どうやら顔見知りのようです
「いや〜海ちゃんが女子高の警備員になったって聞いて様子見にきたの」
「やかましい!さっさと帰れ!!」
ファルコンさんの怒鳴り声を無視して、瑞穂さんに近づきます
「美しいお嬢さん、これからぼくとお茶でも…」
瑞穂さんを口説いています、口説いている顔は二枚目にも見えます

「あの…僕、男なんですが…」
当然の如き瑞穂さんの答えです
「またまた、照れちゃってるからってそんな嘘を」
水色ジャケットの方は信じていません、誰だって瑞穂さんを見たら女だと思うでしょう
一応、奏も教えてあげます…信じるかどうかは別として
−あの…瑞穂さんはれっきとした男性です
「へ〜瑞穂ちゃんていうんだ、い〜い名前だね」
やっぱり信じていません
瑞穂さんを男性だと確信したファルコンさんも瑞穂さんが男性であることを告げます

「も〜みんなで俺をかつごうとして〜、こんな綺麗な人が男のわけないじゃん」
と瑞穂さんの肩を抱き寄せました
この行為が瑞穂さんの何かの引鉄になったようです
「僕は男です!」
叫んで関節技を繰り出します

掌握→立逆脇固め→裏閂鷹羽絞

コンボが入って水色ジャケットの方は失神してしまいました
奏はファルコンさんを見上げて
−この方をどうしましょう?
と聞きました
ファルコンさんは「やれやれ」とつぶやいて、受付室からむしろと荒縄を持ってきました

それをどうするのかと見ていたら…ジャケットの方をぐるぐるのスマキにしてしまいました
ファルコンさんはスマキを担いで、のっしのっしと校門に向かい、道路をはさんで校門の向かい側にある川に、スマキを放り投げてしまいました
瑞穂さんと奏はあっけにとられて、見ているだけしかできませんでした

水に落ちてスマキさんは意識を取り戻したようです
ファルコンさんを罵りながら流れていってしまいました
溺れないか心配になりましたが、ファルコンさんが
「あいつはいつもこんな目にあってるんだ、あれぐらいじゃ死なん」
と言ってくれたのでとりあえず大丈夫そうです

その後奏は瑞穂おねえ…瑞穂さんと寮に戻って久しぶりにいろんなお話を楽しみました
テーブルの上にはファルコンさんが入れてくれたコーヒーがのっています

===== * ===== * ===== * ===== * ===== * ===== * =====


   最終話



ファルコンさんが警備員としてやってきて1年が過ぎました
奏や由佳里ちゃんも3年生です
この一年ファルコンさんの仕掛けたトラップに数十人の変質者がかかりました
最も多くかかったのは、もちろん水色ジャケットの変質者さんです
結局、だれも学内には侵入できませんでした

強面だけど寡黙で照れ屋さんなファルコンさんにはファンもつき、下校途中の生徒が受付室に寄ってはコーヒーをご馳走になったりしています
水色ジャケットの変質者さんにも妙なファンがつきました
「あら、またつかまりましたのね?次はがんばってください」
などとスマキになって担がれている姿に声をかける生徒もいます

ファルコンさんが仕掛けたトラップは巧妙で、一度など「要塞学園」としてTVで紹介されてしまいました
それほどこの学園の警備は厳重なものになりました

そのファルコンさんも、あと1年で、奏たちが卒業するのと一緒にこの学園の警備員をやめてしまいます

一度縁があって鏑木財閥の総帥にコーヒーをお出ししたところ、非常に気に入ってしまいまして、鏑木系列の銀行から融資を受けて、喫茶店を出店することになったのです
もう、とんとん拍子で話が進んでしまい本人も戸惑っていました

喫茶店を出す場所はこの学園の近くです
本人は新宿にお店を開きたかったらしいのですが、学園長先生が無理矢理こっちに出店させるようにしたのです
ファルコンさんは学園長先生にだけは頭が上がりません
一番すごいのは学園長先生かもしれません

前の警備員さんに続いてファルコンさんまでいなくなってしまうかと思うと寂しくなってしまいますが、ファルコンさんのお店に行けばいつでも会えるのでうれしくもあります
この学園の生徒たちはみんなファルコンさんのコーヒーの味を知っています
きっと新しいお店は恵泉の生徒でいっぱいになると思います

「おとボク」SS名作選:目次に戻る

「おとボクまとめサイト」トップに戻る