「おとボクまとめサイト」 >> 「おとボク」SS名作選 >> 『ウエディング瑞穂ちゃん』

『ウエディング瑞穂ちゃん』 by 「doku」氏



まりやEND後


まりやが帰国して初めてのデート
商店街を並んで歩いていると、ふいにまりやが立ち止まり、一軒のお店のショーウィンドウを覗き込む
瑞穂ちゃんがまりやの視線を追う、そこには綺麗なウエディングドレスと一枚の写真
「ウエディングドレスかー」
まりやの呟きに瑞穂ちゃんがたじろいでいると
「君達も写真、撮っていくかい?」
お店から出てきた人に声を掛けられました
二人が振り向くとそこには長身の女性がいました
「ああ、僕はこの写真店の店長をしているんだ、ナイアって呼んでよ 君達とっても美人だから、モデルをしてくれればただでいいよ あ、もちろん撮った写真はショーウィンドウに飾らせてもらうけど」
ナイアさんが一気に捲くし立てます
「いいねいいね!瑞穂ちゃん!写真、撮ってもらおうよ!」
「え?僕はいいよ…オチが視えるもん」
「やかましー!あたしが撮るといったら撮るんじゃーーーー!!」
「ちなににウチ、長身の女性用のドレス、いっぱいあるからね♪」


結局、瑞穂ちゃんはまりやに逆らえず写真を撮る事になりました
まりやとナイアさんはブルーな瑞穂ちゃんをよそ目にドレスを選んでいます
「よしっ!これっ!このドレスなら瑞穂ちゃんの美しさをひきたててくれるわ」
「うーん、瑞穂ちゃんのドレスは決まったけど…まりやちゃんにあうタキシードがないなあ」
ナイアさんがあごに指をあてて悩んでいます
「う、これもちょっと胸がきつい」
「しょうがない、まりやちゃん、このサラシをまいてくれるかい?」
くるくるサラシをまくまりや
「よし、これで…なんとかぴったり」
「さ、それじゃ撮影しようか、ほら瑞穂ちゃんもそんな暗い顔してないで笑ってよ」
かしゃり
「はい、もう一枚」
かしゃり
こうして意地悪な笑顔のまりやと、絶妙に恥らう瑞穂ちゃんの記念写真が出来上がりました
「じゃあ、約束どおり、この一枚はウィンドウに飾らせてもらうよ」


商店街の写真店に瑞穂ちゃんとまりやの写真が飾られて数日後
「ねえ、社長ってばやっぱり男装してるだけで、女なんだって」
「それより御門さんが実は女装趣味者ってのは驚きだよ」
「あの二人って婚約してるんでしょ?」
「てことは…性別逆転カップル?」
鏑木テクスタイル社員はゴシップのタネに困りませんでしたとさ

※注意※ この作品の続きには成人向けの表現が含まれています。
大変申し訳ありませんが、18歳未満の方はお戻りいただきますよう、お願い申し上げます。

『ソーププレイ瑞穂ちゃん』に続く。

「おとボク」SS名作選:目次に戻る

「おとボクまとめサイト」トップに戻る